Born to be mild ~秘境の果て~

 何だかふと、1人で飲みたいと思う時がある。一杯だけでもよいので、飲みたい、と思う時があるのです。私はちょっとしたバーに自転車を走らせた。そのちょっとしたバーでは先輩達が飲んでいて満席であった。会話もはずんでいい塩梅のご様子である。ボーっとしていたのだろうか、気の迷いであろうか、あろうことか私は翌日の先輩達のある計画について行くことになったのだ。翌日というのがたまたま休みの日であったせいもあるのだが・・・。普段サーフィンをやったりとアクティブな先輩達の計画に私が加わるということはまずない・・・のだが、


 翌朝9時15分、集合場所へ行くとまずこう言われた


 「本当にキタ!!」


 いやいや来ますって・・・時間ギリギリだったけど

 そして即座に靴を履き替えさせられました。

 天気も良いし、揃った所で出発。途中スーパーで買い出し、そこで言われました。


 「朝御飯食べた?」

 「いえ、朝御飯って食べないんです。」

 「ダメだよ!何か食べとかなきゃ!」

 「あ・・・はい。パンでも買ってきます。」
 

 車の窓を開けたら風が気持ち良い。

 こんな時間に田舎の方へ車で行くなんて仕事を除けばいつ以来だろう・・・。

 のほほんとしていたら、恐ろしい会話が聞こえてきた。

 運転手でその日の隊長のDちゃんがこう言った。

 
 「最近トンネルでさぁ、息止めるんだよね。」

 「・・・・・・・・・・・・なんで?」

 「大体2分半くらいなんだけど、これが結構キツくて・・・。」

 「だからなんで?・・・・・てゆうか、怖い!やめて!」

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 「・・・まさか・・・・・・・今止めてないよね!?」 


 サーフィンの訓練らしいけど、もうイヤだこのヒト・・・・・・・・・・・・。


 そんなこんなで無事目的地に到着しました。以外と近い場所だったのでホっとしました(笑)。


 そこはとある集落の川の上流

 
 ボヤッとしていたら、網を渡され、エサを渡され


 更に更に、上流へ・・・


 先輩達はどんどん見えなくなる。


 途中、しゃらくさい小エビ共を捕えようと四苦八苦するも、アヤツラめ、恐ろしい先輩達に散々おどかされてすっかり警戒心を深めてしまって、ただでさえトロい小生なんぞに捕まりはしないのだ。でもまあそれはそれ、やはり田舎へ行けば行くほどに、虫達は色模様も鮮やかであり、木々も壮麗・・でも珍妙なオブジェみたいな木も多々あり、乙なものである。流れも急な場所では足場も悪くて慣れないと躓いてしまいそう・・すぐに靴を替えてくれたK先輩の配慮に感謝しつつ、ケガなどして迷惑をかけないように、マイペースにゆるりと川を上る。そしてその先に観えたのに感動。


 滝だ・・・・・。


 大きな滝が見える。


 そこから流れてくる水の中にいる。


 昨夜Dちゃんに、どこへ行くの?と尋ねたら、


 「秘境へ行くんだよ。」 


 と彼は言った。


 その言葉に偽りはなかった。


 誘ってくれた先輩達に、感謝です!!



 気がつけば川に入ってから3時間以上が経っていた。

 楽しい時間は過ぎるのが早いですね♪

 戻ったら、1人留守番していたDj界のアイドルKiyomicがナント寝てて、遠目には遭難者に見えました(笑)。

 本読んだり、さりげなく音楽かけたりと、それもまた、いい過ごし方ですね。


 夜も集まって、酒を飲みながら獲ったモノや刺身等々を皆で食べました♪


 タカユキさん、ユウコさん、ありがとうございました!!


 ちなみにDちゃんは、この日はウナギを獲る予定だったのです。
 
 残念ながらウナギは現れなかった様ですが・・

 もう・・別次元です(笑)

e0157973_10334340.jpg 

美味!!
 
[PR]

# by aonekoroman | 2010-09-15 12:38 | 実録☆管理人の戯言  

夢幻に死す

 浮世のことは、夢のまた夢である。

 連日の勤労の疲れか、または本能がそうさせたのか、私は普段帰る方向とは逆の方へ自転車を走らせた。

 酒場の中心街、とあるビル3Fのバーへ向かう階段で、普段見かけない眼鏡の男とはちあわせた。

 男は足早に登ってしまいすぐに姿を消したのだが、私が3Fに着いた時にはまだ、ドアの前にいた。

 彼は私が来たのに気付くと、意を決したようにドアを開けたのだった。

 その男の後から、私も店に入った。

 そこでは、何某かの人物に扮装したDJが大音量でビートの早い曲をかけていた。

 カウンターのみの店だが、座っているものは誰もいない。

 壁際に並んで奇妙に踊っている人々。

 その8割は、眼鏡の男たちであった。

 先ほどの男はどこだ?

 もう、分からない。

 その中に交って何人か、扮装した女の子もいた。

 壁に映し出されているのはアニメーションアートというのだろうか?

 奇想天外に次々と映される映像は、音楽とその場の雰囲気を絶妙に彩っていた。

 時折、皆で同時に合唱というか、掛け声というか、ドンピシャリとでもいうか、阿吽の呼吸で同じ仕草で行ってて・・私も身振り手振りを真似てみた。

 ダメだ・・・できない。

 あちこちから色とりどりのレーザーが放射して私の視界を混乱させる。

 スモークがたち、嗅覚すらよく分からなくなる。

 普段知らない人に話しかけない私が、隣の男(眼鏡)に気軽に話しかけていた。

 胸が高鳴る・・・というのか?

 実に不思議な気分だ。


 それにしても・・・・・・


 ここは一体・・・どこなんだ?
e0157973_11192443.jpg
















 君は・・・誰?
e0157973_11195098.jpg

















 飛び交う暗号のような言葉達・・・

 かろうじて聞きとれたのが


 「みく」

 「らんか」

 「おにいちゃん」


 
 
[PR]

# by aonekoroman | 2010-09-12 12:23 | 実録☆管理人の戯言  

また浸かってます。

幽談

京極 夏彦 / メディアファクトリー



 暑いですなー


 蒸し暑いですなー


 ヒンヤリしたいですなー


 ビールと怪談で・・・


 でもあんまりリアルな怪談や心霊体験は苦手な・・・そんな小生にピッタリの小説ですね。

 
 まだ読みかけなんですが、


 なかなかしっとりとしてて・・・


 それでいてどこか渇いていて・・・


 さりげなくて


 規則正しくて不安定な文体というかリズム感が


 本当にさりげなくて
 


 怖い
 


 です。



 ちなみに、短編なんですが

 
 1話目のタイトルは


 「手首を拾う」


 です♪

 
[PR]

# by aonekoroman | 2010-09-01 23:47 | 本・映画・音楽  

プロフィールはロックです。

 2010年の大浜様・・じゃない大浜サマーフェスティバル、無事やり終えました。


 まずは夕方仕事を終え、HIGOとASIVIに楽器を取りに行くと、そこには茫然と立ちつくす「しにものぐるい」のシンタロー&ケンシロー。スタッフ全員が大浜へ向かっているため閉まってて(ちょっと考えれば分かるよね・・フフ)楽器がとれない小生&HIGO&シンタロー&ケンシロー→小生が北郷さんへ℡→20分後、スタッフがわざわざ大浜から駆けつけて鍵をあけてくれる素早くも寛大過ぎる対応!ちなみに「Jujuca」と「しのもぐるい」は3ピースで、ギターもベースもスネアーも置きっぱなし、危うく手ブラで行く所でした。全く横着なバンドだ(泣)。この場をお借りして、横着代表で謝罪の念を表明いたします!!


 ごめんなさい!!


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・


 では気をとりなおして、真琴さんファミリーと会場へ


 車内BGMは・・・

生きたいようにいきて死ね 続銀幕ロック

映画主題歌 / インペリアルレコード



 テンションはいきなりMAX!!


 6時もとうに過ぎて会場に着くと、海畑がまたいい感じ・・・♪


 そして先に行ってた息子(1歳半♂)が「SEX&DRUGS&ROCK'N'ROLL」Tシャツで現れた件

 (ツカサ君、画像パクリました。)
e0157973_15234853.jpg






























 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ん!

 
 受付に行くと、何やらバンドのプロフィールのようなものを書かねばならず・・・


 Q:どのようなバンド?

 A:ロックです。


 Q:今日の意気込みを!

 A:ロックします。


 と出番まで時間もあまりなかったので手短に書き終えて・・・


 「MAD」が怒涛のハードロックをかました後に・・


 さっくりと3曲やってきました。


 夜の7時半頃だったかな・・・・


 気持ち良かったなー♪♪


 その後も、大好きな「しにものぐるい」から「JSB」まで、たっぷり楽しめました!!

e0157973_14532982.jpg
 ←大トリのJSBは最高でした!!


 ツトム君の歌かなりイイ!!!


 演奏も気持ち良かった!!!

 









 また来年も楽しみだ♪♪♪




 おまけ・・・


 去年のサマフェスの車内BGMは


 これでしたねー↓↓↓ 

[PR]

# by aonekoroman | 2010-08-23 15:29 | Jujuca  

優しい男の料理教室

 奄美市名瀬地区の生涯学習講座で今年度から新設された講座


 その名も


 優しい男の料理教室


 講師はなんと!!


 ススムーチョ


 兄ムーチョさんこと


 進保宏さん!!!

e0157973_11292091.jpg














 女性から自分も入りたいとの苦情が殺到しました(笑)

 優しい男の~の「優しい」は、「易しい」ではなく、あえて「優しい」にしようという保宏さんらしい素敵なネーミングです。そこに申し込んだ親父さん達・・・「独り身なもので・・」「嫁に愛想尽かされないように・・」「優しい男になれるように・・」等々、切実な動機を聞かせていただきました(泣)。そんな男性達が、エプロンを着けてパスタやデザートを作って食す姿は何とも素敵です。

 公民館講座で、男性だけで、しかも内容が洋食で、イタリアンで、現役のシェフが講師(!)

 これは全国的にも稀な講座なのでは(!?)と大してデータもとらずに自負しております(笑)。
 
 ↓写真は6月に実施した初回の様子です。

 まずはお手本(弟ムーチョこと明宏さんと奥様ユミさんも応援にきてくれました!)
e0157973_11303797.jpg















 調理中です。アノ方も受講されてます♪
e0157973_11305949.jpg
















 完成!!美味しそう!!!
e0157973_11312650.jpg















 デザートも!!!
e0157973_11315611.jpg
















 そして皆で試食です(ん?)。
e0157973_11322183.jpg















 
 昨日で3回目が終了しました。


 来年の1月まで計8回、受講生の皆さん様になってきてますよー♪


 講師の保宏さん、貴重な休日を使ってのご協力、心より感謝します!!


 残りも楽しんでやりましょうぜ!!




 また、ココでも紹介します♪
[PR]

# by aonekoroman | 2010-08-09 12:13 | 行事