「ほっ」と。キャンペーン

優雨2010.心のBest10

 1歳の息子「優雨(ゆう)」は、音楽のPVが好きである。

 たまにだけれど、観だしたら凄い集中力で観るんですよね。

 だだ、ナンデモアリというわけではなくて、彼なりにお好みがあるらしい。

 アニソンや童謡も勿論好きなんですがね・・・


 そんな彼の今年のベスト10をざっと紹介しよう。



 第10位

 東京スカパラダイスオーケストラ/カナリヤ鳴く空(vo.チバユウスケ)


 第9位

 原田知世/くちなしの丘


 第8位

 カレン・O&Kids/All is Love(かいじゅうたちのいるところ)


 第7位

 木村カエラ/Ring a Ding Dong


 第6位

 サニーデイ・サービス/青春狂想曲・サマーソルジャー ほか


 
 とりあえずこんな感じのPVを主に観てますね~

 スカパラとかは「美しく深い森」も好きだったんですが・・

 最近もっぱら「カナリヤ~」ですね。

 知世ちゃんはやっぱりタイプみたいだし・・・

 「かいじゅう~」のテーマやサニーデイなんて定番ですね(なんでじゃ)

 カエラちゃんの歌はもう「当然好きっしょ!」って感じです(笑)

 

 それでは、5位からは映像つきでいってみよう!!

 フフ、なんだか楽しくなってきた♪



 まずは、第5位



 やっぱり今年もソカバン・サニーデイが強かったです。

 不動の人気です。

 このPVを何度観たことか・・・いいもんは飽きないんだよなぁ~



 続きまして第4位



 キタ・・・・パフューム!!

 パフュームの中でも、彼はこの曲がお好みです。

 少女時代とかにも興味津々です。




 いよいよTop3です♪


 気になる第3位は・・・ 
 


 今年はカサリンチュの年でしたね~

 TSUTAYAとかに行くと「感謝」のPVの前でずっと踊るんだよな~(笑)

 子どもの心をつかむ彼等はやっぱ凄いな

 新曲も買いに行かないとね!! 
 




 そして、第2位 



 これはPVではありませんが、彼を釘付けにした音楽映像という点では絶対に外せません。

 ホントこのオープニングは「泣く子も黙る」・・でした。

 街中や、到るところで福山龍馬を見つけては喜んでますねー・・・

 フ・・・・




 さて皆様


 お待たせ(?)しました・・


第1位は・・・・













 これ↓↓↓




 はい、今年はブッチギリでこれでしょう。

 PVというより、斉藤和義さんのライブ映像がお好みだそうです。


 というわけで・・・


 ↓↓↓も大好きですねー♪♪ 





 はい、というわけで


 2010年、優雨の心のベストテン

 第1位は

 斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」でした♪♪


 お付き合いいただき、ありがとうございます。



 今年もあとわずかなんだな・・・
[PR]

# by aonekoroman | 2010-12-12 14:32 | 行事  

おれの憧れ

SKUNK

BLANKEY JET CITY



 俺の憧れ アラスカ帰りのチェインソー

 何でもかんでも めちゃめちゃに引き裂いてくれる

 甲高いエンジン 青白い煙りはいて

 法律だろうが 鋼鉄だろうが

              ~skunkより~



 20歳になる直前に発売されたアルバム「SKUNK」

 10代最後に購入したアルバム・・・だったはず。

 小生にとって、「Bang!」と並んで特別なアルバムです。

 一番どこか遠い所へ連れて行ってくれるというか・・・

 この辺りから、ベンジーの歌詞がもう突き抜けているというか・・・

 まぁ・・お好みの問題ですが、詞世界においてはブランキー(ベンジー)史上でも一番好き。

 この後に出すソロプロジェクト「SHERBT/セキララ」や

 次のアルバム「LOVE FLASH FEVER」でも

 歌詞が本当に好き、↑では特に「プラネタリウム」や「ガソリンのゆれかた」が好き


 幻想的で、退廃的な詞世界から弾けるロックンロール


 これにはかなりヤラレちゃいまして・・・


 毎日毎日、狂ったように聴いておりました。



 SKUNKが出たのも、ちょうどこんな季節でした。
 


 
[PR]

# by aonekoroman | 2010-11-06 14:26 | 本・映画・音楽  

感謝している

感謝

カサリンチュ


 カサリンチュがデビューしてから数ヶ月が経ちますが、

 息子のフィーバーぶりは日々加熱する一方でして・・・

 いたる所で奴等のポスターを見かけては「チュ!チュ!」と盛り上がり

 映像見つけては走って行って踊っております。

 こうなっては彼の人生初のCD購入はこれでキマリということで

 ↓↓サウンズパルにて
e0157973_10424030.jpg

















 不思議な店員さん(笑)と記念撮影
e0157973_1043262.jpg


















 感謝フィーバーはこんなとこでも・・・

 
 先日行われた金久保育所の運動会
e0157973_10432831.jpg

















 音響担当の小生・・雨のため体育館にて・・PAは舞台上なので全部見渡せました(笑)
e0157973_10434462.jpg

















 「感謝」にあわせてバルーンで踊る園児たち・・・これには感動
e0157973_10441018.jpg


















 感謝といえば・・・


 その夜、多くの人に感謝の意を表し祝福されたリュータとトモカちゃん♪
e0157973_10445299.jpg

















 こんな時・・・

 いつもながら私の近くに座る浮世離れな人々・・とりあえず拝んで感謝しときました(笑)
e0157973_10443757.jpg



















 ということで、優雨の希望もあってウチでは毎日エンドレスで「感謝」が流れております。


 最近は「な」に合わせて「わ!」とか「あ!」とかいって盛り上がってますが


 一番ノリノリで合わせて歌ってるところは


 胸にあふれた~このおも~い・・・・

 「は!」

 のところです。

 CD聴いた人にしか分かりませんが(笑)


 
 そんな調子で、カサリンチュの2人には

 
 息子がいつもお世話になっております♪


 感謝!!!
[PR]

# by aonekoroman | 2010-10-14 12:29 | 行事  

敬老会

 先日、息子の優雨が通っている保育園で敬老会が催されました。

 たまたま休みだったので、どれどれと覗きに行ってみると・・・

 親御さん達も、たくさん観に来ていました(!)

 お部屋でささやかにやってるのかと思えば、表の広場全体で派手にやっておるではないか・・。

 そこでは、あの2人組が子どもから大人までハートをガッチリをつかんでる最中で・・・(笑)。

e0157973_1183422.jpg

ガーリックの兄貴

島唄の名曲

カンツメ(?)節を熱唱!

・・・してました(笑)








 お2人とも相変わらずの「いぶし銀」芸・・・お見事です!


 そして何やらソワソワした雰囲気かと思えば・・・・、

 なんと・・各クラスで歌や踊りの出し物があるみたい(!!)

 マジかよ・・・

 カメラ持ってくりゃ良かった(泣)・・・いや、持ってなかったんだった・・・。

 なんて、あたふたしていると

 優雨のクラス、あひる組登場

 優雨、待ってましたと言わんばかりにノリノリで登場

 そしてノリノリで踊ってました。 

e0157973_1185459.jpg
ええ・・・

真ん中で・・・ 


上手にできましたね♪


途中、「おやっ?」と私を見つけて駆け出す所を先生に捕獲されてました(笑)






 
 
 さて、次は運動会だ♪
[PR]

# by aonekoroman | 2010-09-27 13:43 | 行事  

たとえばこんなラブソング

 人には、それぞれが持っている恋愛観というものがある。

 それはもう十人十色であるにしても、まあ、たいがいなものである。

 そう、多少の個性や変質的要素に差があっても、大概だ。

 このご時世だ。

 生身の異性ではなくてバーチャル、架空の創造者と恋愛(シュミレーション)をされる方も多い。

 それについて、とやかく言うつもりはないのです。

 彼(彼女)達が幸せであるのならば・・・。



 ところで、どこがボーダーラインなのか


 ノーマル or アブノーマル


 (あなたはどっち?)。


 じっくりと検証したいところではあるが、最近ちょっと忙しいので無理だ。

 ここらへんはやはり彼に、通称:「レッドスペース」に託すとしよう。

 最近、あるヒト科の生態系について、視覚的にも心理的にも、とても興味深いモノを書いていた。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 今後も彼には期待したいと思う。



 ではここで、1つキーワードをあげたい。

 
 他愛のないお酒の席で、ふと気付いたことなんだが・・・


 それは・・・


 何気ない会話の中で


 恋愛対象となる異性のことを


 「素人」


 と、ごく普通に、全くもって違和感なく、称する男がいた。


 これはもう、立派な太いラインが引けるのではないかと思う。


 入口がもう、別格です。


 時間も余りないので、今日はこの辺で失礼しよう。


 詳しくは、いずれまたの機会に・・・
  
 
 では最後に、そんな全ての老いも若きもひっくるめた野郎共に


 私はこの歌を捧げたい


 愛をこめて


 ↓↓↓



 「しゃぶりつけ」

 作詞 むかいけんご


あさ 目が覚めて 奏でるふたりのLOVE SONG
そっとなでる髪には 魔法がかかっている
このままずっと ふたりのSWEET OF LOVE TIME
ふっとした沈黙に 世界はまわっている

しゃぶりつけ!
赤く熟れた目の前のナイスバディに
グっとくる谷間は 最強
なんにつけ!
君は俺の届かないハイソサイティ
きっと知る快楽を抱いて hey hey girl …

おやすみ前の あなたのSWEET OF LOVE TALK
ちょっとうざく感じる はやく寝りゃいいのに…
小宇宙の中の あなたのリーサルウエポン
躊躇する時間が 短くなっていく

がぶりよれ!
そそり起った目の前のナイスボディに
グっとくる感触が 最高
それはそれ!
あたしいつか辿り着くハイソサイティ
きっと来る あの人を待って no no boy …

しゃぶりつけ!
赤く熟れた目の前のナイスバディに
グっとくる谷間は 最強
なんにつけ!
君は俺の届かないハイソサイティ
きっと知る快楽を抱いて hey hey girl …

to too to too …

今夜も酒に溺れ 温もり求めて
俺の天使と悪魔がくだらぬ争いを始めるよ

しゃぶりつけ…

お止めなさい…

しゃぶりつけ お止めなさい… しゃぶりつけ お止めなさい…
しゃぶりつけ お止めなさい… しゃぶりつけ お止めなさい…

しゃぶりつけ おやりなさい… おやりなさい? おやりなさい!? 

やっちまえ! やっちまえ! やっちまえ! やっちまえ!

しゃぶりつけ!
赤く熟れた目の前のナイスバディに
グっとくる谷間は 最強
なんにつけ!
君は俺の届かないハイソサイティ
きっと知る快楽を抱いて hey hey girl …

がぶりよれ!
そそり起った目の前のナイスボディに
グっとくる感触が 最高
それはそれ!
あたしいつか辿り着くハイソサイティ
きっと来る あの人を待って no no boy …

to too to too …
[PR]

# by aonekoroman | 2010-09-19 17:38 | 実録☆管理人の戯言