<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

もう酒なんて飲まない

 槙原のりゆきさんの名曲「もう恋なんてしない」

 一応メロディーとか知ってはいたのであるが

 最近テレビで歌っているのを観て初めて曲名を知り

 歌の内容も一部発覚となった


 彼は歌う


 さよならと言った君の気持ちは分からないけれど

 いつもよりも眺めが良い


 中略


 もし君に1つだけ強がりを言えるのならば


 もう恋なんてしないなんて言わないよぜったい


 と


 上記はサビの部分であり、

 Aメロではこう歌っていた(はず)



 君がいないと何も出来ないわけではないと

 ヤカンを火にかけたけど紅茶の在り処が分からない

 ほら、朝食も作れたもんね

 だけれどあまり美味しくはナイ

 君が作ったのなら文句も思い切り言えたのに



 この歌の中の察するに男性にお節介ながら助言したいのだが



 せっかく作ってくれた飯に思いっきり文句を言ってはダメだし


 紅茶の在り処くらい知っときなさい


 さすればあの女性(もしくは男性この場合どちらでも良い)だって


 さよならとは言わなかったのではないかと



 だが時既に遅し・・・


 強がりとはいっても


 もう恋なんてしないなんて言わないよぜったいなどと


 狂気じみた言いまわしがでてくるのも分からないでもない


 心乱れてボロボロになり、苦悶の中で搾り出すように出てきた強がり


 心中察するにあまりある


 20年くらい前のこの曲がどうにもひっかかっていた


 きっとどこかで彼のことが気になっていたのだろう


 彼はその後も開き直って新しい恋人ができても関白を貫き通して彼女の作った飯が不味いと卓袱台をひっくり返しているのだろうか


 それとも寒い年末にやはり紅茶の在り処が分からなくてでも寒くて買いにいくのは面倒だから白湯もしくはその沸かしたお湯を焼酎でわっていい塩梅になっているのだろうか・・・

 
 待てよ


 焼酎の在り処はわかるのか!?


 さよならを言った「君」が腹いせに紅茶はおろか焼酎をどこかへ隠してしまったのではないか・・


 曲中では語られることのなかったサイドストーリー


 飯を作れば不味いと罵られ、紅茶で口直しをやられて


 おまけに酒や金銭をせびる彼に嫌気がさして彼女(彼)は出て行った・・・


 君の心中察するにあまりある


 だがもしそうであったのならば


 やはり彼は今でも強がりを言うのだろうか


 そして寒空の下、1人寂しくあの歌を歌いながら酒屋へ行くのだろうか


 
 それは誰にも知る由はない
[PR]

by aonekoroman | 2010-12-29 20:39 | 実録☆管理人の戯言  

新世界交響楽

 12月のしんしんとした寒さの中、酒場は忘年会シーズンからかいつもより賑わっているようだ。

 私は軽い食事を済ませ、シャワーを浴び、ビールを一杯ひっかけた後、外へ出た。

 久しぶりに夜空を見上げると、月が出ていた。

 とても綺麗で、少しだけ心が躍る。

 偶然が重なったため当初予定していなかった外出なのだが、私は1人いつものライブハウスへと赴いた。

 ライブハウス・・・

 最近では、自分が演奏する時以外に足を運ぶことは殆どなくなっていた。

 (子どもがいると、自然とそうなっていくのかな・・・。)

 そんなことを考えながら中へ入ろうとすると、重たい鉄の扉が閉まっている。

 いつもなら開いている扉のはずなのだが・・・

 開けようとすると死角になって見えない所(真横なんだがいつもの感覚では死角)から男の声がした。

 「いらっしゃいませ。」

 ちょっとビックリしたが、そこは受付であった。

 男は一見普通の青年であるし感じもいい。

 いつもは扉の中の会場内で受付けるのだが、完全に意表をつかれた。

 習慣とは怖いものだな・・・

 入場料を支払うと、男は私の右の手の甲に赤いマジックで「14」と記した。

 そして「楽しんできてください。」と言ってニコリと笑った。

 扉を開けると、そこは一瞬真っ暗に見えた。気のせいなのだがやはりいつもとは様子が違う。

 緑色の髪の女の子がやたら目につく・・・

 そして私も含めて眼鏡の人が多い・・・

 会場を彩る数多のレーザーに視界をやられてしまう。

 その光の向こうで確かな記憶が甦った・・・。

 ここはいつぞや紛れ込んだ・・

 あの夢幻の世界

 あの世界が、バーではなくてライブハウスに、突如現れたのだ。

 部外者は何人たりとも近づけないと言わんばかりの黒いカーテン。

 アニメーションの世界から飛び出してきたような6つのモニターを操るVJ。
e0157973_1354183.jpg
















 そしてステージ上には扮装したDJ
e0157973_11504831.jpg
















 金・・・

 銀・・・

 赤・・・青・・・・・・そして緑

 暗闇に紛れては現れ、そして消えていく色とりどりのシルエット

 そこは


 新世界


 目を奪われてボーっと立っていると、ふと目の前に、いつぞやの眼鏡の男がいるのを見つけた。

 今夜も声をかけてみようか・・・

 「久しぶりだね・・。」

 「あ・・・(!)。」

 「今日も1人で来たの?」

 「はい!」

 気のせいか、彼は少し大人になっていたようだった。

 この日も彼と交わした会話はそれだけだった。

 しかし、それだけでいいのだ。

 氏素性なんてどうでもいいことが、この世界にはあるのだ。

 それがこの世界の居心地の良さでもあるのかもしれない。




 この日はいつもより酔った・・そろそろ切り上げようか。

 会場はまだ熱気に包まれているようだが、明日も早い。

 この不思議な気分のままで、眠りにつくのが望ましい。

 いつもなら自転車で来る所だが、今夜は歩いて来た。

 いくら酔っているとはいえ、タクシーはあまり好きではない。

 やはり歩いて帰ろう。




 酔いどれながらの帰り道、また月を見上げる。

 この宇宙に絶対的に君臨する月

 こんな夜にふさわしい 

 狂った月だ。








 そういえばこの日は、1つだけ謎が解けた。



 この夢幻の世界の支配者は誰なのか・・



 秘かに暴かれたその姿を・・・・



 偶然手に入れた極秘画像です。



 命がけで公表します。


 
 何故なら、その男(?)は、ある筋の情報では



 海〇蔵事件の真犯人でもあるらしいので・・・




 命がけついでに加筆するなら



 彼(?)は「ぉ兄ちゃん」と呼ばれ(やはり彼だ)



 尻尾のようなもので手下を操っていた様子だった。



 ここまで書いたらもう・・・・



















 さよなら・・人類。






















 
e0157973_11511468.jpg

 

 
[PR]

by aonekoroman | 2010-12-19 12:28 | 実録☆管理人の戯言  

優雨2010.心のBest10

 1歳の息子「優雨(ゆう)」は、音楽のPVが好きである。

 たまにだけれど、観だしたら凄い集中力で観るんですよね。

 だだ、ナンデモアリというわけではなくて、彼なりにお好みがあるらしい。

 アニソンや童謡も勿論好きなんですがね・・・


 そんな彼の今年のベスト10をざっと紹介しよう。



 第10位

 東京スカパラダイスオーケストラ/カナリヤ鳴く空(vo.チバユウスケ)


 第9位

 原田知世/くちなしの丘


 第8位

 カレン・O&Kids/All is Love(かいじゅうたちのいるところ)


 第7位

 木村カエラ/Ring a Ding Dong


 第6位

 サニーデイ・サービス/青春狂想曲・サマーソルジャー ほか


 
 とりあえずこんな感じのPVを主に観てますね~

 スカパラとかは「美しく深い森」も好きだったんですが・・

 最近もっぱら「カナリヤ~」ですね。

 知世ちゃんはやっぱりタイプみたいだし・・・

 「かいじゅう~」のテーマやサニーデイなんて定番ですね(なんでじゃ)

 カエラちゃんの歌はもう「当然好きっしょ!」って感じです(笑)

 

 それでは、5位からは映像つきでいってみよう!!

 フフ、なんだか楽しくなってきた♪



 まずは、第5位



 やっぱり今年もソカバン・サニーデイが強かったです。

 不動の人気です。

 このPVを何度観たことか・・・いいもんは飽きないんだよなぁ~



 続きまして第4位



 キタ・・・・パフューム!!

 パフュームの中でも、彼はこの曲がお好みです。

 少女時代とかにも興味津々です。




 いよいよTop3です♪


 気になる第3位は・・・ 
 


 今年はカサリンチュの年でしたね~

 TSUTAYAとかに行くと「感謝」のPVの前でずっと踊るんだよな~(笑)

 子どもの心をつかむ彼等はやっぱ凄いな

 新曲も買いに行かないとね!! 
 




 そして、第2位 



 これはPVではありませんが、彼を釘付けにした音楽映像という点では絶対に外せません。

 ホントこのオープニングは「泣く子も黙る」・・でした。

 街中や、到るところで福山龍馬を見つけては喜んでますねー・・・

 フ・・・・




 さて皆様


 お待たせ(?)しました・・


第1位は・・・・













 これ↓↓↓




 はい、今年はブッチギリでこれでしょう。

 PVというより、斉藤和義さんのライブ映像がお好みだそうです。


 というわけで・・・


 ↓↓↓も大好きですねー♪♪ 





 はい、というわけで


 2010年、優雨の心のベストテン

 第1位は

 斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」でした♪♪


 お付き合いいただき、ありがとうございます。



 今年もあとわずかなんだな・・・
[PR]

by aonekoroman | 2010-12-12 14:32 | 行事