<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

暮夢・・出勤・・そしてカウントダウンライブへ

 初夢とはよくいいますが・・・ナスだの富士だのが夢に出たら、非常に縁起がいいといわれています。

 では、暮夢(くれゆめ)というのはないのでしょうか・・・1湯湾岳(奄美で最も高い山)2豚(島豚ね)3ツバシャ(奄美限定野菜)だの・・・。

 全国共通となるとなんでしょうか・・・紅白つながりで、1和田アキ子(富士山ばりにデカいイメージで)2小林幸子(2人もいたら大変)3パヒューム(9人でもOK)等々が出てきたら、良い年が迎えられるとかなんとか・・・。そういうのありませんでしたっけ?

 チナミに小生、昨夜ストーカー(和田アキ子ちっく)に襲われる夢をみて、大量の寝汗と恐怖に震えながら目が覚めました。

 いやはや、なんともはや、恐ろしかった・・・(泣)。

 明らかに、「それはそれは縁起がよろしいことで・・・。」「はい、左様で・・・。」・・というふうにはならない。

 暗く重苦しい気持ちのまま出勤、まったく仕事納めの日だっていうのに・・・。


 そんなこんなで(どんなだ)2008年ももうすぐ終わりますが、1年間の厄払い(?)も兼ねたカウントダウンライブが我々のホームグラウンドASIVIにて催されます。

 奄美のバンドマン達、その中にあって年末もやっぱり暇な阿呆共がジャンジャン出ます。

 目玉は年が変わる時間、出演は毎年恒例の「ヒューマン7(20人くらいいるけど)」


 我々青猫ロマントルソは、今年もトリだ(午前1時30分出演予定)!

 ハッハッハ!!2年連続トリだ!そんなのサブちゃんか五木ひろしか青猫かスマップだ。


 しかし・・・

 お客はいない・・・・(泣)。

 だって(だってである)、ミンナ年が変わったら神社に行くのだからしょーがない。

 問題は・・・

 出番までに酔い潰れないこと(ネ、窪田君)。


 今年最後というか、来年一発目というか、とにかく楽しく(曲クライけど)やりたいですね。

 待ってろよ、酔っ払い共(はあと)


 皆様、よいお年をお迎えください・・・。
[PR]

by aonekoroman | 2008-12-31 14:11 | 実録☆管理人の戯言  

変な叔父さん

Boys Don't Cry

The Cure



 イギリスが誇るカルトヒーロー、ロバート・スミス率いる「The Cure」。ポストパンク期に登場し現在まで続いている貴重なバンドだ。

 小生にはアニメの仕事(原画を描く)に携わっている変な叔父さんがいて、幼い頃からアニメや映画やロックの英才教育を受けて来た。おかげ様でこんな大人になってしまったのですが・・・・。その叔父から最も深い影響を受けたというか、いろいろ教えてもらったのがニューウェイブバンドだ。キュアーにバウハウス、ジョイ・デヴィジョンやスミス等々・・・・。数えたらキリがないくらいたくさん教えてもらい、影響を受けて来た。
 子どもの頃、奴(叔父の事、兄弟のようにフレンドリーなので)とカラオケに行くとマニアックな歌を妙な身振り手振りで歌うので不思議に思っていたら、ナルホド数多くのパンクやらニューウェイブに影響されていたわけだ・・・。

 叔父もいい歳になり(見た目若し)、小生も大人になった。だが変わらず好きなものは同じであって、中々色あせて消えてしまうものではない。


 ロバート・スミスは見るも無残に太ってしまったが・・・・(泣)


 やっぱり好きなんだなコレが↓

 The Cure / Boys Don't Cry


 赤く目を光らせクネクネ踊っていたロバート・スミスは、一時期スージー&ザ・バンシーズでサポートギターを弾いていたそうです。
[PR]

by aonekoroman | 2008-12-20 12:41 | 本・映画・音楽  

やっぱり縁だね

Only Life

The Feelies


 今年の9月に奄美のライブハウスASIVIで「ギターパンダ」さんのライブがありました。小生のバンド「青猫ロマントルソ」も前座で出演したのですが(最高のライブでした)、その打ち上げの際にギターパンダこと山川のりを氏に教えていただいたのが「The Feelies(フィーリーズ)」。

 後日、YouTubeでチェックしてみたら・・・、


 小生、ド真ん中のストライクでした!!


 UKだと聞いていたのですが、実は80年代にカルト的人気を博していたアメリカのガレージバンドでした(今も続いているっぽい)。決して浮かれすぎないがポップで尖ったグルーブ、テレヴィジョンとまでは言わないが、個人的にはとっても好ましいツインギターの絡みが素敵。何だか妙なキャラのパーカッション(タンバリン?)もいたな・・・彼が異様に気になる、非常にイイ感じで浮いていた。山川氏は青猫を観てこのバンドを連想したらしいが、小生恥ずかしながらこんなカッコイイバンドを知らなかったのです(泣)。

 そして、とある情報によれば小生が前回紹介した「ギャラクシー500」のメンバーと、「フィーリーズ」のメンバーで組んでいるバンドもある(あった)らしい(!)

 どなたか詳しい方がいたら是非教えて欲しい・・。

 これも縁なのかしら、何だか嬉しくなってしまったのでこれから爆音で聴こうと思う♪


 ありがとう山川さん、心より感謝です。また何かカッコイイバンド教えてください。


 そして山川氏の目には、青猫の誰がフィーリーズのパーカッションのようにイイ感じで浮いて映っていたのでしょうか・・・・ウフ。





[PR]

by aonekoroman | 2008-12-18 21:04 | 本・映画・音楽  

Cell & Jam

 青猫ロマントルソ(以下青猫)メンバーの真琴さんは、髪結いを生業としている。化粧師でもあり、モッズ野郎でもある。

 現代で言うところのカリスマ美容師ってやつだ・・・(って私がイバッてどうすんだ)。

 美容室の名前は「Cell(独房という意味らしい)」ともう一つが「Jam(モッズだからね)」

 不幸なことにCell前は青猫の溜まり場になり、ギターの窪田くんはよく一人で缶ビール片手に立っている。髭が伸びている時なんか傍からみたらアル中にしか見えない・・・。そんな青猫をスタッフのミエちゃんやナカヤマさんが半ば呆れながらも見守っている・・・・いつもアリガトウ。

 小生、子どもの頃散髪屋が恐くて仕様がなかった。だって(だってである)見ず知らずのオッサンまたはオバハンがハサミやカミソリを手にシャキンシャキンいわせながら、白衣姿で近づいて来るのだ・・・。しかもこちとら椅子に座り身動きがとりづらい状態、いわば丸腰である・・・。

 危険だ、危険すぎるぜ・・・。

 歯医者なんか更に危険だ・・・ハサミにあらずともドリルときたもんだ。

 もう気が気ではない・・・・

 ・・・話しが逸れた。


 真琴さんは東京でメイクの修行をして、2年前に奄美へ帰ってきた。それからCellをオープンし、今年の夏にJam(ナカヤマさんがまつ毛パーマをする、まつ毛パーマか・・)をオープンした。東京での修業中はファッションショーやら、映画の撮影現場等で腕をみがいていた真琴さん・・・小生には未知の世界であって話を聞くとコレが面白く、実はあんな人やこんな人の髪を触っていたなんて・・・(「その手で握手してください」 byマサル)。

 そんな真琴さんが2年前、殆ど初対面の小生に眼光鋭くこう話しかけて来た・・・

 「ピコピコバンドしよう!」

 その一言で青猫が結成され、今に至る・・・・(ピコピコは何処へ)。


 あの時真琴さんが声をかけてくれなかったら青猫はなく、小生の散髪恐怖症も完治にはいたらなかったであろう・・・・これまた縁は奇なり。


 そんな真琴さんはベースを担当、リッケンバッカーの赤が似合うモッズ野郎である。
[PR]

by aonekoroman | 2008-12-11 00:52 | 青猫ロマントルソ  

火曜日は永久欠番で・・・

 青猫ロマントルソという名のロックバンドを組んでいる。

 我々は毎週火曜日に、【ASIVI】という奄美市名瀬の繁華街屋仁川通りにあるライブハウスのスタジオで練習している。

 が・・・・

 メンバーが揃うことはまずない・・・。通常殆どのバンドがライブ直前になってスタジオ入りするのだが、我々は毎週スタジオに入る。したがって他のバンドと比べて遥かに練習し曲も増えているはずなのだ。

 が・・・・

 メンバーは揃わない・・・・。寧ろ他のバンドより合わせていないような気がするのは私だけではないはず・・

 しかも・・・・

 2時間の練習時間中、1時間は廊下でタバコ吸って喋っている体たらく・・・。

 でも・・・・

 それがバンドが続いていく秘訣かもしれない。

 この年になると音楽性がどうたらこうたらっていうのは少し面倒くさい(オイオイ)。好きなもんは分かりすぎているくらい分かるしね、それが分かりあえる奴等といつの間にか一緒にいるのだなこれが・・。

 一緒にバンドをやるメンバーがいるという事実だけで、それは有り難く得難いもの・・・今年は対バン(前座)もいくつか出来たし言う事なしだ(レコーディングはしたかった・・・・言う事あるな)。


 今日は何人集まるかな・・・と思いながら自転車でスタジオに向かうのも何だか楽しかったりする。

 そして毎週ASIVIスタッフHさんやMっちゃんに「いよいよ解散か?」なんてオチョクられながらもやっぱり廊下で談話する時間が長い青猫・・・。


 大晦日はライブだ。

 いえい!

e0157973_23193016.jpg














e0157973_2322562.jpg















1years ago at ASIVI 青猫ロマントルソ
[PR]

by aonekoroman | 2008-12-10 01:05 | 青猫ロマントルソ