世界に誇る日本の女優さん達です

かもめ食堂


 「小林聡美」さん、「片桐はいり」さん、そして「もたいまさこ」さん出演の「かもめ食堂」・・。

 やっと鑑賞しました!!・・・時に風邪を引いてしまい、身も心も弱っていた自分にとってこれ以上ないエッセンス。凛としつつも穏やかで、それでいて個性的。抜群の存在感を放つ3人の大女優達。

 監督の荻上直子さん、食べ物を撮らせたら右に出る者はいないでしょう(あ、お腹すいた)。

 フィンランドのヘルシンキが舞台であるが、異国な感じがしないのはイキナリ日本通な地元の青年が日本語喋ってくるし、「ガッチャマンの歌詞オシエテクダサイ」なんて言ってるし・・・。
 白夜の街で描かれる日常、小林聡美さん演じるサチエさんが営む「かもめ食堂」ではおにぎりや定食しかメニューにございませんが、とにかく素朴で不変の食べ物(シャケ・トンカツの定食云々)が美味しそうに描かれています。コーヒーについての一幕もあり、曽我部恵一さんのライブを観た直後でもありお気に入りのエピソードでした。
 荻上監督作品は「めがね」においてもそうでしたが、とにかく粗食や風景、ニュートラルなトーンのセリフがとても特徴があって素敵なのです。

 「かもめ食堂」はやはり3人の女優さんの佇まい・・・素晴らしいの一言ですね。

 それにしても・・・最近の女性監督の活躍には驚かされます。荻上監督もそうですが、「ゆれる」という映画を撮った西川美和さんという監督も好きですね。主演のオダギリジョーさんの色気と香川照之さんの底の見えない演技力を見事にひきだしていました。そしてカンヌ映画祭で賞をとった河瀨直美さん、以前奄美出身の男の子が出演しているということで奄美でも上映された「沙羅双樹」という作品を観ましたが、とてもいい作品でした。カメラワーク良かったな、クリストファー・ドイルちっくでクールだった。やはり女性の視点っつうのは侮れないですね。


 一人もお客がいなかった「かもめ食堂」が満席になるのかどうか・・・はさほど重要ではないのかもしれませんが(お店だからソコ大事だけど)、そこへ導かれる人々の交流はとても重要でした(重たくはないが、軽々しくもない)。


 フィンランドの幻想的な町並みや森の木々(何てったってムーミン)と、日本食に癒されましたね。


 小生、風邪・発作から、いよいよ復活の兆しですわ。


 明日は「The Birthday」のライブだ・・・(わーい)。

 

 
[PR]

by aonekoroman | 2009-01-28 00:32 | 本・映画・音楽  

<< 日々のアワワ・・・ 曽我部さんとマサルくん ~コー... >>