奇人たちの晩餐

 2007年初頭、青猫ロマントルソ(以下青猫)を結成した。結成はしたもののライブの予定はなくシコシコとスタジオで曲作りに励んでいた。そんな我々を見かねた先輩がライブへの出演を依頼してくれたのが事の始まり。喜び反面焦る小生、何故なら曲よりなによりバンド名が決まっていなかったのだ。早速その先輩が営む名瀬の繁華街屋仁川通りの「JUNGLEBASS(通称ジャンベ又はJB)」で緊急ミーティング。しかし5人(当時)のだいの大人が揃いも揃ってマヌケ面で、話は脱線、また脱線・・・。いつの間にかいい塩梅に酔っ払って帰る頃には何しに来たのかも忘れる始末・・・。しかもライブ当日一人出られない状況に・・・、先行きが暗く、不安な小生。なんとか思いついたままバンド名をこじつけたのが青猫ロマントルソ。「青猫ロマンポルノ?」だの、「ロマンソルト(塩)ね」だのとよく間違えられる様な覚えにくいものを命名してしまいました。

 どうにかこうにかライブ当日。平日で、しかも雨にもかかわらずASIVIにはたくさんの人が来ていました。緊張する小生・・・。イベントは「奇人たちの晩餐」というだけあって、脚立に乗ってギターをかかえ、自虐的な歌を披露する者。強面の方々がスーツに身を包み、ロックンロールよろしくかと思いきや一転してステージ上で仲間割れコントを披露するバンド。クレジット通り奇人たちのオンパレードであった。新人バンドの我々は他の出演者に直立不動で並び挨拶をし、ステージへ・・・。

 率直な感想として、初めてにしては好感触だったと思いました。お客さんの反応がとても良く、正直意外なくらい・・・。暗い先行きに、ほんのり光が射しました。どうもね、ありがとうね。

 そしてその日のメインは、そんな青猫をライブデビューさせてくれたJB(ソウルシンガーに非ず店の名)マスター正野タクヤさん率いる「ガリンペイロ」というバンドでした。

 ガリンペイロを敬愛してやまない小生、彼等主催のイベントに出られたのがとても嬉しかったのです。

 そしてそのガリンペイロ、いつの間にかCD作ってました!!奄美大島産二軍音源「ディ!レコード(中孝介くんも最初はここから出したんだよ)」からデビュー!!!(わーい)。

 ガリンペイロのCD発売、詳しくはコチラをクリック

 「奇人たちの晩餐」復活を待っております・・・。

e0157973_1134887.jpge0157973_10544134.jpg







2007.6.15 at roadhouse ASIVI 青猫ロマントルソ&ガリンペイロ
[PR]

by aonekoroman | 2008-11-11 12:11 | 青猫ロマントルソ  

<< スカッと地獄 睡蓮の花びら >>