10years ago

 10年前、小生はまだ東京に住んでいた。

 いや、千葉だった。

 21世紀になってまだ間もないある日

 用事があって一時奄美に帰ることになった。

 慌ただしく空港へ向かい、飛行機に乗る前に横に見覚えがある人が立っている。

 何度も見たことがあるので見間違えるはずがない。

 その人は


 中村達也


 説明するまでもないドラマー

 小生が世界で一番好きなバンドマン

 
 が立っていた。どうやら奄美へ観光に行く感じである。


 飛行機の中でソワソワしていたら

 これまた見覚えのある人がいる。

 生で見たことはないが、これまた何度も観たり聴いたりしている。

 日本のパンクスにとってはとてつもなく大きな存在

 その人は


 遠藤ミチロウ


 ・・・・・・・・・・・・・・・・


 なんだこの飛行機


 落ちるな


 間違いなく落ちるね


 遺言書かなきゃね


 「ジミヘンぐらいまでは生きたかったな」


 ってナンジャソリャ!?


 てゆうかまだ何も残してないし


 嫌だな死ぬの


 死んでもいいのか!?おれ・・・



 
 すっかりパニックに陥った小生


 無事(?)奄美空港に到着したものの、ロビーでやっぱりそわそわしていると


 なんと、お2人が偶然の再会を喜んでおられるではないか!?


 柱の影から、きっと誰の目から見ても明らかにキョドった(挙動不審)状態で


 その一部始終をのぞいておりました。


 おかげ様でバスに乗り遅れ、タクシー乗るはめに(泣)



 その夜、ある先輩から千葉にいるはずの小生に電話がかかってきた


 「一生!島で奇跡が起こった!!」


 「ミチロウさんとタツヤさんでしょ・・・。」


 「え・・何で!?何で知ってるの?まぁいいや!!スッゴいから!!」


 彼、興奮してたから小生が何で察しがついたのかなんてどうでもよかったらしく・・


 というわけで、10年前のあの日


 遠藤ミチロウさんと中村達也さんのユニット「Tuch-me」が結成されたのです。


 ミチロウさんはAsiviでライブに、達也さんは観光に


 そしてミチロウさんのライブに達也さんがゲスト出演したということですね。



 半年後、2人のライブがまたAsiviで予定されていて


 小生のバンドが前座をするはずでしたが・・



 私、


 あろうことか、


 入院してしまいまして・・・・・・・・・・・・(泣)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 当日は病院のベッドの上で号泣しておりました。


 フ・・・


 数年後、ミチロウさんの前座は「ワルシャワ」で務め、とりあえず個人的に借りは返しました。

 
 そんな「Tuch-me」の10周年ライブが15日に、勿論Asiviで行われまして


 なんとRIZEのkenkenさんもゲストで出てきて


 ななんと3ピースでスターリンの曲やりまくりで・・・


 おかしくなりそうでした♪


 いや、なりました。




 ライブが終わった後、トイレで達也さんに会ったんですが・・


 きっと小生のことなんて覚えてないはずと思いつつ一応


 「お疲れ様でした。」


 と言おうとしたら・・・


 「久しぶりだな」


 と、あちらから声をかけてくれました。


 そして久しぶりに飲みました。


 10年前のあの日、お2人と飛行機が一緒であったことも話しました。


 ミチロウさんから「生き証人(?)」に任命されました。


 いい夜でした。


 また10年後も覚えててくれるかは分かりませんが


 再会を楽しみに


 以上、「Tuch-me」結成ドキュメントでした。



 ちなみに・・・


 達也さんが小生を覚えていてくれたのは・・・



 「覚えてたんですか?」


 「おお・・・ケツ蹴っちゃったからな!」


 「・・・・・・・・・・・・頭にも何発か喰らってます。」


 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それはすまねぇ。」
 

 
 その日も


 「お前もう一回ケツ蹴るぞ!」


 と5・6回は言われました。



 ハハ・・全く楽しい夜でした♪♪





 
[PR]

by aonekoroman | 2011-01-17 13:43 | 実録☆管理人の戯言  

<< Tさんが・・・来る! もう酒なんて飲まない >>