肥後という男

 小生の3ピースバンド「Jujuca」のメンバーで

 パートはドラム

 その男・・・

 
 肥後


 最近、「肥後君って面白いよね(笑)」と言う人が急増し彼と好んで酒を酌み交わしているようだ。


 嬉しい限りだ。


 小生の彼への第一印象は、率直にこう思った。


 「またか・・・・。」と


 この「またか」の「また」とは、知ってる人にしか伝えられないのが残念であるがつまりは



 Sixに丈弥(と兼一くん)


 青猫に窪田くん(と兼一くん)


 そしてJujucaに肥後


 である・・・。


 ね、また・・でしょ?


 
 3人(または4人)の共通点はビール党であったり、特殊な言語感覚であったりする。

 この世界には「コミュニケーション」という言葉が存在しているのだが、その方法は十人十色またはお国柄というやつで一概にこうでなければいけないというのは無い。

 チバユウスケは「俺んちは地球さ」と言った。「この世界を愛でぬりつぶせ」と・・・ 


 ん・・・小生もその精神で10年に渡って彼等と接しているのだ。


 でも・・・

 それでも・・・

 分からないことだらけである。


 窪田君と肥後は酔うと記憶がしっかり飛ぶ。このタイミングが難しい。とりあえずろれつが回らず何言ってるか分かんなくなった頃かと思いきや、シラフでもそうであるという現実が立ちはだかって私を屈服させる。


 丈弥は・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・

 丈弥は・・・・・

 ・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 うん、またの機会にゆっくり話すとしよう


 そんな(どんなじゃ)愛すべきバンドメンバー達が、私の人生を楽しくさせてくれてます。


 昨日は「LONDON CALLING」でした。

 ロックでしたねー

 愛でぬりつぶしてきましたよ♪


 小生と真琴さんが出るということで、遅い時間で次の日が仕事にも関らず来てくれた。


 その男・・・


 肥後(しつこいね・・画像は先日肥後が鮮烈にデビューした196さんのブログからです)



 感謝してます。


 3ピース万歳



 今宵は宴だ。
 
[PR]

by aonekoroman | 2010-04-17 10:55 | Jujuca  

<< ハイブリッドな夜 「キ」 >>