ばらの花

 青猫ロマントルソのドラマー次郎が急逝してから、ちょうど一年が経ちました。


 昨夜はcafe burroughsで一周忌。


 兄貴の太郎が、次郎の同級生を始めたくさんの仲間達を招待してくれました。

 そしてギターの生演奏を聴かせてくれましたが、太郎曰くこの日まで(?)とっておいたというエピソードを1つ・・・

 次郎が亡くなった後、携帯電話の手続き等があって、とりあえず繋がるかどうか太郎→次郎へ電話をかけてみたところ・・・

 着信の表示が・・・


 愚兄
e0157973_1138336.jpg


















 と出たそうです(笑)。

 ためしに側にいた弟(次郎の同級生でありバンドメンバーでもある。ちなみに太郎は私の同級生)に

 「携帯出せ」

 と言ったら

 「絶対イヤ!!」

 と断られました。


 おい弟・・・


 ちゅうかその学年・・・


 ホント生意気(笑)


 次郎が亡くなった日、太郎は東京にいて、チケットがとれなかったせいもあり決まっていたライブでギターを演奏していたそうです(逆の立場だったら次郎もそうしたと思う)。その時に演奏した曲も弾いてくれました。その後彼は奄美に帰って来て、あっという間に僕らの周りに溶け込んで、次郎に劣らず凄腕のギタリスト(次郎はドラムだけど)として名を馳せています。2月にあったイベントでは私と同じバンドで出ましたが、これも何かの縁でしょうね・・。
 

 目まぐるしくも愛おしい一年が、あっという間に過ぎました。


 その間生まれたベイビー達を見ていると尚のこと・・・


 太郎と次郎のご両親や親戚の方々もいらっしゃってました。


 次郎が愛し、次郎を愛した人々、そしてその家族達


 招待してくれた太郎に感謝します。



 青猫ロマントルソ


 27日はライブですね♪


 ねえ次郎


 遊びに来なよ!



 久々に我が家で解禁になったナンバーです↓↓↓


 海辺に佇むくるりのメンバーのシルエットや、深くて青い背景が、


 なんとなく次郎を、そして青猫のメンバーを想わせてくれました。
[PR]

by aonekoroman | 2010-03-23 17:54 | 青猫ロマントルソ  

<< 昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか ベイビーズ♪ >>