ゆれた

ゆれる

監督:西川美和



 イキナリで何ですが、この映画凄い。

 1年前かな、観たのは。

 ようやく落ち着いた・・・衝撃というか、何でしょうか・・・うむむ。決して好みのストーリーでも映像でもないのですが、2人の主役がみせる抜群の演技と監督の演出力に圧倒されたんでしょうね・・・


 あらすじをば少々

 オダギリジョーさん演じる弟は故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功していた。一方、香川照之さん演じる兄は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の法要で帰ったジョーだが、真木よう子さん演じる幼なじみと3人で遊びに出かけた渓谷の吊り橋で彼女(真木よう子さん)が転落死してしまう事故に遭遇する。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じて懸命に弁護する弟の関係(心情)の微妙な変化が、兄弟をとりまく親戚やら関係者をよそに徐々に、徐々に映し出されていきます。

 かなり秀逸な心理描写でしたね(ハラハラドキドキではありません)。法廷のシーンも良かったな(キム兄の検事とか)。

 監督の西川美和さんは撮影当時まだ32歳であったらしい・・・(真木よう子さん、オーディションの際にカワイイ女優さんらしき人を見かけて、ライバルかと思ってガン飛ばしてたら監督だったとか)末恐ろしい監督さんです。どうやら笑福亭鶴瓶さん主演で映画を撮ったらしく・・・これまた楽しみです♪


 ゆれる吊り橋にかけて・・・・


 ラストシーンまで見逃すことなかれ


 もう一度言う・・・


 この映画凄い
[PR]

by aonekoroman | 2009-06-17 23:21 | 本・映画・音楽  

<< 優雨 meets Punks 青猫ロマンビーフ改め・・・ >>